環境健康関連用品

2      ダイオキシン等、有毒物質除去装置「セントパート21」

世界初の粉塵吸着方式採用有害ガスを一括除去します。
「セントパート21」の基本原理は、ボルテックスチューブの理論、即ち 「渦流によるエネルギー分離」(1933年、G、J,RANQUE)の理論に基ずき、 多年の研究により開発された、焼却炉排ガス中の 有毒物質除去装置です。その工程を簡単に言えば、 焼却炉内に発生した排ガスを特殊なサイクロン内に導入し、 高圧の空気により渦流(竜巻)を起こさせる事により、 排ガスの温度を低下させ発生した水分を媒体として 、 未燃炭素と気体状有毒物質を高圧高温下において接触凝縮させて除去するものです。


9つの特徴



日本工業新聞(優秀技術賞)受賞
第6回 地球環境大賞

日本工業新聞社が世界自然保護基金日本委員会 (WWF・japan)の特別協会を得て、 地球環境保全に貢献する企業団体を表彰する「弟6回地球環境大賞」 の日本工業新聞社に「センパレート21」が選ばれました。


世界特許取得

日本・アメリカ・カナダ・オーストラリア・欧州

詳しい説明書をご希望の方は、
メールを頂きましたらカタログ送付いたします。



▲トップに戻る






en_gaiyou en_image01 廃プラ、塩ビ、発泡スチロール等の多くは埋め立て処分されているが、処分場所不足に伴い 焼却処分が検討されている。しかし、一般 の焼却場で焼却するとダイオキシン等の有害物質を撒き 散らすことになるので焼却もできず、極めて深刻な社会問題となっているのは周知の事実です。
ここに、紹介する特殊な有毒物質除去装置「セントパート21」は、焼却時に発生する排ガス中の塩化水素、 硫黄酸化物、窒素酸化物、ダイオキシン、重金属等を殆ど完全に除去出来る高性能な装置です。 既存の焼却炉の排気口に接続し、圧縮空気を使用するだけで、高価な触媒や水処理装置等を使う必 要もなく メンテナンスフリーで、ランニングコストも安い全く画期的な公害対策装置です。
en_genri

「セントパート21」の基本原理はボルテックスチューブの理論、即ち渦流に よるエネルギー分離 (1993年、G.J.RANQUE)の理論に基づき、多年の研究により開発された、排ガス中の有毒物質除去装置です。
その原理を簡単に言えば、焼却炉内に発生した排ガスを特殊なサイクロン内に導入し、高圧の空気に より渦流 (竜巻)を起こさせる事により排ガスの温度を低下させ、発生した水分を媒体として未燃焼炭素 と気体状有毒物質を高熱下に於いて 、接触・凝縮させて除去するものです。

en_hyouka en_iamge02  医療廃棄物、シュレッダーダスト、ウレタンバンパー、古タイヤなどをダイオキシンが 一番発生し やすいと言われる燃焼温度400〜600度で測定した結果 、(1)医療プラスチック廃棄物 48ナノグラム、(2)一般ゴミ1.3ナノグラム、(3)シュレッダーダスト  2.9ナノグラム等の結果 が得られた。このように、特殊な燃焼物を低温で燃焼させても、緊急対策が必要 とされる判断基準を大幅に下回っている。 燃焼温度800度以上、又、維持管理の改良で0.1以下の数値を出 すことは可能と考えられる。世界で環境対策が最も進んでいると言われる ドイツがダイオキシン対策で活性炭吸着方式を採用しているのは有名であるが、当「セントパート21」 のボルテックスチューブ理論に 基づく吸着方式は、炭素を媒体として使用することは同じであるが 、燃焼時に発生する微粒子及び浮遊微粒子に吸着させる方法は独自 のものであり、又化学製品、触媒、多量 の水等を使用しないことにおいては経済的にも大きなメリットがある。
en_tokuchou en_image 1.焼却炉の温度が低くなっても、発生するダイオキシン除去は可能である。従って高温度焼却炉のように作業中 停止出来 ないという不便さはない。
2.化学処理薬品、触媒不要のためランニングコストは嵩まない。
3.装置の構造は簡単であり、燃焼温度も低温であるため炉体が長持ちする。
4.比較的小型の焼却炉を必要とする企業内に於ける焼却炉用有毒物質除去装置として向いており、 各企業内で各自処理する ことにより運搬費も嵩まず、又その結果 として地方自治体への負担も軽減出来る。 5.地方の町村等、1日のゴミ量 が100トン以下の焼却設備として最適である。
6.平成3年から今日まで8年間の特殊廃棄物の燃焼実績を持ち、安全性が確保できた商品として、WWF(World Wide Fund for Nature)第6回地球環境対象及び千葉県「元気印」企業大賞優秀技術賞を受賞しております。
en_shori kankyou.jpg 「セントパート21」1基の排ガス処理能力は1時間当たり1000ノルマルリューベ位 です。焼却炉としては、1時間当 たり100〜500KG/Hの炉の排ガス処理に適しています。 従って、大型焼却炉に使用する場合は、当ボルテックスチューブサイクロンを何台か並列に使用することになります。
土壌改良の低温焼却機などの排ガス処理にも適当です。水銀・鉛・酸化鉄・カドミニウム・砒素等にも吸着除去できます。
(アメリカ、オーストラリア、EC、日本特許取得済)


go_form

1.リサイクルケース「コンネット」 2.ダイオキシン除去装置「セントパート21」
3.無公害ハンドクリーナー「ソロポール」 4.ハト害対策「ハトおどし」
5.腰痛防止「サポートベルト」 6.離尿健康食品「純蜂花粉」

go_top