何        法  い  る  届  の  を  わ  し  え  た  子        第  
  せ  愛     的  な   ° け  他  貰  れ  て  !  の  は  愛     九  
  九  子     に  か  庶  出  人  っ  た  い  と  か   ` 子     章  
  〇  の     は  っ  子  さ   ` た  山  た  思  今  法  は        
  年  兄     赤  た  の  れ  し  山  田   ° う  と  定  私     相  
  も  弟     の   ° 親  た  か  田  林  そ  意  な  相  文     続  
  昔  は     他  遺  の  の  し  松  造  れ  外  っ  続  書     人  
  の  既     人  言  名  で   ` 市  が  は  な  て  人  の        
  事  に     に  に  前  弟  法  で  後  只  相  は  に  遺        
  な  亡     な  書  は ┌┐ 的  あ  に  一  続  分  つ  言        
  の  く     っ  か  何  義  に  っ  ま  人  人  か  い  を        
  で  な     て  れ  に  理  は  た  た   ` が  ら  て  書        
  生  っ     し  て  も  の  摘   ° 庶  庶  一  な  ど  い        
  き  て     ま  い  記  弟  出  実  子  子  人  い  う  て        
  証  い     っ  た  載  ?  子  際  の  ア  だ   ° 思  い        
  人  る     た  姪  さ └┘ と  に  男  イ  け  然  っ  た        
  は  し      ° 達  れ  で  し  は  の  が  生  し  て   °       
  い   `       は  て  あ  て  赤  子  貰  存   ` い  愛        
                                                     

  っ  他     的  と  特  全  手     ら  あ  し  利  但  だ  供  る  
  て  人  二  に  も  に  員  箱  と  な  る  な  は  し  と  が  わ  
  保  と  人  赤  な   ` が  は  こ  い  か  け  あ   ` 思  い  け  
  管  言  の  の  る  介  赤  な  ろ   ° ら  れ  っ  遺  っ  な  が  
  し  う  姪  他  べ  護  の  か  が      ` ば  て  言  て  か  な  
  て  事  は  人  き  し  他  っ   `    当  そ  も  に  い  っ  い  
  い  に   ` は  数  て  人  た  戸     事  の  謄  記  た  た   ° 
  た  な  遺  な  々  き  に   ° 籍     者  権  本  載  か  の  甥  
  保  り  言  い  の  た  な  本  謄     が  利  を  が  も  で   ` 
  管   ` に  だ  実  二  っ  来  本     動  は  上  な  知  自  姪  
  人  遺  は  ろ  績  人  て   ` を     か  失  げ  け  れ  分  た  
  の  言  書  う  が  の  し  血  開     ぬ  効  て  れ  な  た  ち  
  意  を  か  !  あ  姪  ま  族  け     限  す  繋  ば  い  ち  は  
  味  金  れ   ° り  達  っ  の  て     り  る  が   `  ° 皆  叔  
  も  庫  て     な  も  て  あ  吃     何   ° り  相     が  母  
  な  に  い     が   ` い  る  驚     と  民  を  続     相  に  
  く  し  た     ら  証  た  べ  !     も  法  証  の     続  は  
  な  ま  が     法  拠   ° き  玉     な  で  明  権     人  子  
         `                                           

  と  い  あ  こ  母     も  全  も  の  と     ば     し  て  り  
  か  な  る  れ  よ  不  の  て  間  事  言      ` 家  ま  検   ` 
  !  い  で  に  ね  倫  と  は  違  と  う     相  庭  っ  認  結  
   ° の  は  は  か  の  な   ` い  な  事     続  裁  た  を  局  
     で  な   ` ら  子  っ  意  な  る  に     で  判   ° 受   ` 
     悲  い  証  生  と  て  外  い   ° な     は  所     け  弁  
     観  か  拠  ま  は  し  な  も  私  り     な  の     る  護  
     的  ?  に  れ  言  ま  相  の  文   `    く  遺     と  士  
     に  弁  な  て  え  う  続  と  書  税     て  言     言  が  
     み  護  る  い   `  ° 人  認  の  理     遺  の     う  遺  
     て  士  写  た  三      ` め  遺  士     贈  検     異  言  
     い  は  真  事  人     山  ら  言  が    ┌┐ 認     例  を  
     る   ` も  は  の     田  れ  が  計     贈  が     の  発  
     が  生  数  事  兄     松  な  検  算     与  受     事  見  
     何  き  点  実  弟     市  け  認  す     の  け     に  し  
     た  証  以  で  が     一  れ  さ  る     こ  ら     な  保  
     る  人  上  あ  同     人  ば  れ  だ     と  れ     っ  管  
     こ  が  も  る  じ     の   ` て  け    └┘ れ     て  し  
               °                                     

  さ  ま  隠  が  弟        か  な  ら  役  児  摘  あ  子  の     
   ` た  し  不  に  愛     ら  ん  当  所  か  出  る   ` 役  こ  
  ま   ` 通  倫  知  子     ど  せ  然  の  ど  子   ° 養  所  こ  
  た  届  し  の  ら  が     う   ` な  ミ  う  に  ま  女  が  で  
   ` け  た  子  れ  最     し  か  が  ス  か  し  た  と   ` 納  
  受  出  か  で  た  後     よ  っ  ら  で  も  て   ` し  何  得  
  け  す  っ  あ  く  ま     う  て  訂  あ  確  し  い  て  故  い  
  付  る  た  っ  な  で     も  の  正  る  認  ま  と  受  両  か  
  け  人  か  た  か  拘     な  日  を   ° せ  っ  も  け  親  な  
  る  の  ら  事  っ  っ     い  本  認  ミ  ず  た  簡  入  の  い  
  役  几  だ  と  た  た     の  領  め  ス  に  の  単  れ  氏  の  
  所  帳   ° 母  の   `    も  土  る  と  受  か  に  た  名  は  
  の  面     の  は  少     現  も  べ  認  け  ?  養  の  が   ` 
  係  さ     心   ` な     実  今  き  め  入   ° 父  か  な  当  
  り   `    中  自  く     で  は  で  る  れ  本   ` 不  い  時  
  に  ル     事  分  と     あ  台  あ  べ  た  当  養  思  ま  の  
  よ       件  だ  も     る  湾  る  き  の  に  母  議  ま  台  
  っ  ズ     を  け  兄      ° だ  が  な  は  孤  の  で  養  湾  
                              `                      

     は  と  な  あ  続  相  だ  の     が  言  べ  弁     る  て  
     ま  な  く  る  は  続  け  確  こ  訴  い  る  護  日  の  実  
     し  っ  な  親  国  税  な  定  の  訟  換  と  士  本  は  の  
     で  て  り  族  へ  は  の  を  件  を  え  二  の  の  何  親  
     あ  し  他   ` の  高  で  し  で  免  れ  割  人  司  と  の  
     る  ま  人  面  納  い   ` て  は  れ  ば  し  口  法  い  名  
     が  っ  と  倒  税  と  諦  み   ` て   ` か  に  は  い  前  
      ° た  一  を  で  言  め  て  二  い  訴  い  対  二  加  が  
         ° 緒  看  あ  わ  る  も  割  る  訟  な  す  割  減  あ  
        国  く  た  る  れ  こ  時  の  の  さ  い  る  司  な  っ  
        に  た  姪   ° て  と  間  可  か  れ  と  割  法  事  た  
        没  で  達  そ  い  に  と  能  も  る  も  合  と  か  り  
        収  皆  も  れ  る  し  経  性  知  べ  言  は  言  ?  無  
        さ  平   ` が   ° た  費  の  れ  き  わ   ` わ     か  
        れ  等  相   ` 所   ° が  為  な  八  れ  欧  れ     っ  
        る  に  続  遺  詮  日  掛  に  い  割  て  米  て     た  
        よ  贈  人  言   ` 本  か  一   ° の  い  に  い     り  
        り  与  で  に  相  の  る  族     人  る  比  る     す  
                                       °     °