く  住  い  直  寝  後  そ  た  明  件  い  ら  だ  数  愛     第  
  誰  所   ` し  た  半  の   ° を  が  た  で  そ  年  子     十  
  か  等  い  た  き  に  後     以  起  弁  あ  の  前  は     章  
  に  の  い  が  り  な   `    っ  こ  護  ろ  頃   `  `       
  代  記  加   ` と  っ  愛     て  っ  士  う  に  公  ま     遺  
  筆  載  減  几  な  て  子     そ  た  が   ° は  正  だ     贈  
  さ  が  な  帳  っ  の  は     の   ° 資  と   ` 証  心        
  せ  な  も  面  た  骨  体     遺  愛  格  こ  十  書  身        
  た  く  の  な   ° 折  力     言  子  を  ろ  億  遺  と        
  も   ` で  愛  そ  は  も     を  は  剥  が  近  言  も        
  の  ま  受  子  の  手  衰     取  頭  奪   ` い  を  に        
  と  た  遺  に  頃  術  え     り  に  さ  当  財  ま  確        
  思   ` 者  し   ` も   `    消  き  れ  時  産  い  り        
  わ  自  と  て  遺  ま  特     し  て  る   ` も  て  し        
  れ  筆  の  は  言  ま  に     て   ` と  信  あ  い  て        
  る  で  関  信  を  な  八     し  内  言  頼  っ  た  い        
  一  は  係  じ  書  ら  〇     ま  容  う  し  た   ° た        
  見  な   ` 難  き  ず  代     っ  証  事  て  か  未  十        
                  `                                  

  受  持  出  遺  一  け  遺  に  事  か  山  人  相  弁  一     し  
  遺  っ  れ  言  人  の  言  な  に  れ  田  は  続  護  方     て  
  者  て  ば  が  の  遺  が  っ  な  た  松  殆  関  士   `    署  
  が  い  遺  認  法  言  認  て  っ  姪  市  ど  係  が  遺     名  
  贈  か  留  め  定  が  め  し  て  二  た  縁  図  保  言     と  
  与  れ  分  ら  相  承  ら  ま  し  人  だ  の  等  管  の     異  
  と   ` と  れ  続  認  れ  っ  ま  も  一  な  を  し  検     な  
  し  残  し  て  人  さ  れ  た  っ  赤  人  か  提  た  認     る  
  て  り  て  も  の  れ  ば  !  た  の  と  っ  出  当  は     字  
  遺  の  全   ` も  な  有   °  ° 他  言  た  し  遺  家     体  
  言  二  財  法  の  か  効     こ  人  う  義  た  言  庭     で  
  の  分  産  定  に  っ  だ     れ  の  事  理  結  書  裁     書  
  割  の  の  相  な  た  が     は  受  で  の  果   ` 判     か  
  合  一  二  続  る  場   `     ` 遺   ` 弟   ` 戸  所     れ  
  に  を  分  人   ° 合  不     大  者  遺     法  籍  で     て  
  基     の  が  仮  は  備     変  と  言     定  謄  行     い  
  ず     一  申  に   ` だ     な  言  に     相  本  わ     た  
  い     が  し   ` 只  ら     事  う  書     続   ` れ      ° 
                                             `       

  て  名  は  し  只        い  と  現  で     人  何  を  る  て  
  い  義  出  た  一  家      ° 言  在  は  生  で  た  看   ° 分  
  た  だ  頭   ° 人  庭        え  の  姪  き  あ  る  て  三  配  
  松  け  を  然  の  裁        ど  法  で  証  る  事  き  〇  さ  
  市  の  断  し  法  判        も  律  あ  人  旨  か  た  年  れ  
  は  義  っ   ` 定  所         ` で  る  が  の  ?  姪  余  る  
   ` 理  た  愛  相  は        そ  は  事  全  訴  で  二  り  事  
  謙  の   ° 子  続   `       れ   ` を  て  訟  あ  人   ` に  
  虚  弟     の  人  遺        を  台  立  死  を  る  に  夫  な  
  に  と     義  に  言        訂  湾  証  亡  起   ° と  の  る  
  自  言     理  出  の        正  時  す  し  こ  で  っ  死   ° 
  分  う     の  頭  検        出  代  る  て  す  は  て  後  え  
  は  立     弟  す  認        来  の  の  し  べ   ` は  の  ら  
  相  場      ` る  に        る  役  は  ま  き  正   ` 愛  い  
  続  を     山  よ  当        法  所  難  っ  か  当  ま  子  違  
  す  認     田  う  た        律  の  し  た  ?  な  さ  の  い  
  べ  識     松  案  り        は  ミ  い  現     相  に  面  と  
  き  し     市  内   `       な  ス  し  状     続   ` 倒  な  
                                 `                   

        出  処  人  法  仮  大        な  子  愛     本  が  人  
  二     来  分  の  定  に  変  今     り  の  子     当  な  間  
  人     な  す  実  相   ` な  後     ま  死  の     に  い  で  
  の     い  る  印  続  不  事   `    し  を  死     欲  事  は  
  姪     の  事  と  人  備  に  こ     た  松  後     の  を  な  
  は     で  も  印  が  だ  な  の    └   市   `    無  認  い  
   `    あ   ` 鑑  出  ら  っ  処     と  に  姪     い  識   ` 
  頭     る  銀  証  頭  け  て  理     言  伝  た     男  し  遺  
  を      ° 行  明  し  の  来  を     う  え  ち     で  て  言  
  抱        口  が  な  遺  た  ど     挨  た  は     あ  い  に  
  え        座  な  く  言   ° う     拶  が  一     っ  た  も  
  込        を  け  て  が     す     だ   ┐ 段     た  と  書  
  ん        解  れ  も  認     す     け  大  落     と  思  か  
  で        約  ば   ` め     め     で  変  し     も  わ  れ  
  し        す  不  法  ら     る     あ  お  た     思  れ  て  
  ま        る  動  定  れ     べ     っ  世  頃     わ  る  い  
  っ        事  産  相  て     き     た  話   `    れ  し  る  
  た        も  を  続  も     か      ° に  愛     る   ` 筈  
   °                 `    ?                  °       

        た   ┐ か   ┐  ┐    う   ┐ べ   ┐ て   ┐ 事   ┐    
  取     ん  そ  っ  黙  そ     事  た  き  生  い  自  を  叔     
  り     や  れ  た  っ  ら     を  だ  や  き  た  分  し  母     
  敢     ろ  と  や  て  そ     徹   ` っ  て  や  が  て  さ     
  え     か  も  ろ  一  う     底  生  た  る  ろ  死  く  ん     
  ず     ?   ` し  人  や     的  き  の  間  に  ん  れ  は     
  の    └   も  な  で  ろ     に  て  に  に  !  だ  た  何     
  問        う └    ` な     隠  る  な  戸 └   と  ん  だ     
  題        ボ     訂 └      し  間  あ  籍     き  や  っ     
  は        ケ     正        通  は └   謄     私  ろ  て     
  義        て     の        し   `    本     ら └   こ     
  理        て     手        た  私     を     が     ん     
  の        分     続        か  生     訂     困     な     
  弟        か     き        っ  児     正     る     え     
           ら     も        た  や     し     事     え     
  山        ん     出        ん  っ     て     分     加     
  田        か     来        や  た     お     か     減     
  松        っ     な       └   言     く     っ     な     
                                                     

   ┐ え  は  寝  決  跡  住  出  は  遠     か  環  そ  い  え  市  
  貴  た  松  て  し  が  宅  来  見  い  そ  と  境  こ   ° て  で  
  方   ° 市  る  て  あ  で  た  つ  不  れ   ` を  で     く  あ  
  へ     に  子  豊  っ  あ  二  か  便  は  密  観   `    れ  る  
  の     条  は  か  た  っ  〇  っ  な   ` か  察  取     る   ° 
  相     件  起  な   ° た  坪  た  線  田  に  し  り     が  弁  
  続     を  こ  暮  然   ° あ   ° 路  舎  自  て  敢     決  護  
  に     出  す  ら  し  一  る  多  脇  の  宅  何  え     定  士  
  つ     し  べ  し   ` 度  か  分  の  私  を  か  ず     的  も  
  い     て  き  振  外  外  な   ` 建  鉄  見  ヒ   `    な  税  
  て     交  で  り  観  装  い  戦  売  の  に  ン  山     解  理  
  は     渉  は  と  か  を  か  後  の  駅  行  ト  田     決  士  
  遺     し  な  は  ら  塗  の  間  集  か  っ  が  松     策  も  
  言     よ  い  思  察  り  最  も  落  ら  た  得  市     は  い  
  に     う  が  え  す  替  低  な  の   `  ° ら  の     出  ろ  
  書     か   ` な  る  え  の  い  中  か     れ  住     て  い  
  か     と  一  い  限  た  建  頃  に  な     な  ま     こ  ろ  
  れ     考  時   ° り  形  売  に  家  り     い  い     な  考  
                                                     

  っ  利  れ  所  そ     で  で  諺  矢  ち  す  は  ば  て  の  て  
  て  き  た  へ  し     あ  ま  を  張  か  か   ` か  も  弟  い  
  貰  の  手  の  た     ろ  あ  尊  り  で  ?  相  り   ` と  な  
  っ  弁  段  調  ら     う  ま  重   ` 危 └   続  の  お  な  い  
  て  護  と  停   `    か  あ  し  寝  険     を  分  世  っ   ° 
   ` 士  す  の  今     ?  に  よ  て  な  考  放  け  話  た  然  
  強  に  れ  申   `       分  う  る  の  え  棄  前  に  方  し  
  行  頼  ば  し  何        配   ° 子  で  た  す  を  な  で   ` 
  突  ん   ` 出  が        出  話  は  止  結  る  差  っ  す  一  
  破  で  方  は  で        来  し  起  め  果  一  し  た   ° 度  
  を   ` 法  最  き        る  合  こ  る   ` 筆  上  訳  愛  は  
  や  遺  は  悪  る        方  い  す  事  余  を  げ  で  子   ` 
  っ  言  た  の  か        法  と  べ  に  り  書  た  は  の  義  
  て  執  だ  場  ?        は  多  き  し  に  い  い  な  晩  理  
  み  行  一  合  家        な  少  で  た  も  て   ° い  年  で  
  よ  人  つ  の  庭        い  の  は   ° 一  頂  つ  が  に  も  
  う  に   ` 残  裁        も  調  な     か  け  い   ` つ  愛  
  と  な  顔  さ  判        の  停  い     ば  ま  て  形  い  子  
                              °                      

  人  か  妙  事  弁        誠     書  り  も   ┐ 流  言  そ  考  
  役  っ  手  を  護        に     は   `  ` こ  石  確  し  え  
  場  て  が  考  士        御     認  住  受  ん  に  定  て  た  
  へ   ` 閃  え  が        尤     め  所  遺  な  法  の   `  ° 
  行  愛  い  て  最        も     ら   ` 者  誰  務  届  遺     
  っ  子  た  い  後         °    れ  生  に  が  局  け  言     
  て  が   ° た  の        素     な  年  つ  書  で  に  執     
  公  ま  す  時  手        人     い  月  い  い  あ  行  行     
  正  だ  ぐ   `  `       で    └   日  て  た  る  っ  人     
  証  元  や  姪  二        も     と  も   ` か   ° た  を     
  書  気  っ  の  人        認     の  書  被  も     が  立     
  遺  だ  て  フ  の        め     こ  い  相  分     見  て     
  言  っ  み  ミ  姪        な     と  て  続  か     事  て     
  を  た  よ  子  を        い     で  い  人  ら     に  法     
  ま  頃  う  は  立        だ     あ  な  と  ぬ     失  務     
  い   `  ° 抜  証        ろ     っ  い  の   `    敗  局     
  た  公     群  す        う     た  遺  繋  し     し  へ     
  も  証     の  る         °     ° 言  が  か     た  遺     
                                             °       

  作  こ  れ  し  て  当  内  出  て  と     を  然  通  さ  破  の  
  成  の  ば   ` い  時  容  し  お  こ  早  出  し  常  れ  棄  が  
  し  破  よ  被  な  の  証  て  り  ろ  速  し   ` は  て  し  あ  
  た  棄  か  相  か  弁  明  呉   `  `  ` て  こ  三  い  た  る  
  も  し  っ  続  っ  護  で  れ  直  独  当  い  の  〇  る  と  筈  
  の  よ  た  人  た  士  遺  た  ぐ  立  時  る  遺  年  か  は  で  
  だ  う  の  と   ° 逮  言   ° に  し  の   ° 言  保  も  い  あ  
  け  と  だ  受  遺  捕  の     昔  て  弁     は  管  知  え  る  
  に  し   ° 遺  言  の  破     の  司  護      ` さ  れ   `  ° 
  完  た     者  は  ゴ  棄     公  法  士     内  れ  な  ヒ  後  
  璧  遺     の  新  タ  を     正  書  の     容  て  い  ョ  に  
  で  言     繋  し  ゴ  申     証  士  書     証  い   ° ッ  内  
  あ  は     が  い  タ  請     書  事  生     明  る  少  ト  容  
  っ   `    り  も  で  し     遺  務  に     で  筈  な  す  証  
  た  公     さ  の  処  た     言  所  電     破  で  く  る  明  
   ° 証     え  が  理  も     を  を  話     棄  あ  と  と  に  
     人     分  優  さ  の     探  構  し     の  る  も  保  よ  
     が     か  先  れ  が     し  え  た     届   °  ` 管  り  
                     `                               

  で  な  問  行  ま  一  姪  者        る  遺  晴  係  遺  書  遺  
  あ  っ  し  口  あ  般  は  達  一      ° 言  れ  が  者  遺  言  
  っ  た   ` 座   ` の  本  は  時        は  て  明  が  言  執  
  た  が  執  の  よ  受  当  胸  は        公  認  確  新  を  行  
   °  ` 行  解  し  遺  の  を   `       正  め  に  し  法  人  
  預  そ  人  約  と  者  相  な  薄        証  て  な  い  務  の  
  金  の  の  も  せ  並  続  で  氷        書  貰  り  も  局  弁  
  す  対  口  遺  ざ  に  人  下  を        に  う   ` の  へ  護  
  る  応  座  言  る  取  で  ろ  踏        し  事  不  と  提  士  
  時  の  へ  執  を  ら  あ  し  む        て  に  備  同  出  は  
  と  悪  一  行  え  れ  り  た  思        お  な  だ  じ  し   ` 
   ` さ  旦  人  な  る  な   ° い        く  っ  ら  で   ` こ  
  こ  は  入  が  い  事  が  只  で        べ  た  け  あ  被  の  
  う  ひ  金  各   ° に  ら   ` あ        き   ° の  っ  相  古  
  も  ど  す  銀  ま  な  相  二  っ        も  矢  遺  た  続  い  
  違  い  る  行  た  っ  続  人  た        の  張  言  の  人  公  
  う  も  事  を   ` た  税  の  受        で  り  書  で   ` 正  
  も  の  に  訪  銀  が  は     遺        あ   ` も  関  受  証  
                  `                                  

  が  備  な  対  屈     さ  の  銀  な  っ  担  に  に  る  と  の  
  せ  の  複  応  を  法  で  印  行  い  た  当  は  は  と  こ  か  
  な  必  雑  に  並  務  あ  鑑  に  が  も  者  出  法  言  ろ  と  
  叔  要  な  は  べ  局  っ  を  よ   ` の  が  て  的  う  が  あ  
  母  を  事  あ   ` が  た  持  っ  本  ら  怒  い  相  ケ   ` き  
  で  感  情  き  速  認   ° っ  て  店  し  ら  な  続    理  れ  
  あ  じ  の  れ  や  め     て  は  の  い  れ  い  人  ス  由  た  
  っ  た  あ  て  か  た     こ  遺  弁   ° る  し  の  の  は  次  
  た   ° る  し  に  遺     い  言  護  で  と   ` 名  経   ` 第  
   ° そ  相  ま  処  言     と  に  士   ` 言  後  前  験  遺  で  
     れ  続  っ  理  書     か  記  と  解  う  で  が  が  言  あ  
     に  に  た  し  に      ` 載  相  約  事  揉  出  無  執  る  
     し  対   ° な  ご     大  の  談  し  が  め  て  い  行   ° 
     て  し  今  い  た     変  な  す  な  不  事  い  事  人     
  完  も  て  件  銀  ご     な  い  る  い  手  に  る  と  が     
      ` の  の  行  た     煩  相  と  訳  際  な  が   ` 解     
     人  法  よ  の  屁     わ  続  か  で  に  る  遺  謄  約     
     騒  整  う     理     し  人   ` は  な  と  言  本  す     
                                                     

                       一           を  長  所  紙  *     
                        °          依  で  の  に        
                       記           頼   ` 方  つ  古     
                                   し  古  々  い  文     
                                   ま  川   ` て  書     
                                   し  柳  及  は  も     
                                   た  研  び   ` ど     
                                    ° 究  元  龍  き     
                                      家  雑  谷  の     
                                      の  誌  大  大     
                                      橋   ┐ 学  正     
                                      本  主  本  初     
                                      秀  婦  願  期     
                                      信  の  寺  の     
                          二           氏  友  資  毛     
                          〇           に └   料  筆     
                          〇           解  編  研  の     
                          二           読  集  究  手     
                           °